忍者ブログ

アロマオイルの効能

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アロマのお香は、アロマオイルとはまた違った香りと効能の仕方がします。
お香には大きく二つに分けると、仏事用のお線香であるお香と、香りを楽しむための趣味的なお香です。
最近では仏事用のお香も、いかにもお線香の香りといったものだけではなく、ラベンダーのお線香を見かけたりします。
ですが、仏具店に置いてあるのはまだまだお線香が中心なので、お香を買い求めるのならばお香専門店へ足を運んだ方が良さそうです。
お香の香りはアロマオイルとは違い好き好きがあります。効能もアロマオイルに比べると若干弱いです。
ちなみに私は梅のお香が好きです。梅の甘い香りが何とも言えず、お客様を迎える時は玄関でお香を焚きます。もちろんリビングや寝室でも焚きますが、煙が立ち込めるので寝室には少し不向きかもしれません。
あとは日本香堂の「伽羅大観」シリーズはお勧めです。夢のような別世界へ連れて行ってくれる、と人から勧められました。
お勧めの通り、気持ちよくて心安らぐ香りです。こんな香りに今まで出会ったことがあるだろうか?といった、多少大げさな感じではありますが本当です。
今はインターネットで購入することができ、便利な時代になったものです。
お香の形はコーンタイプとスティックタイプがあります。
コーンタイプは煙が多く出るため広い場所での使用に最適です。ですが、一旦火をつけると調節がききません。後片付けは簡単です。
スティックタイプは緩やかに燃えるので、煙も少なく狭いスペースには適しています。ですが、灰が落ちてしまうので片づけが少々面倒です。
スティック状なので、折って使えるため時間の調節は可能です。

PR

この記事へトラックバック
Trackback URL
お香の扇子は、扇ぐためのものではない。

お香では、扇子を使います。扇子とは、扇ぐという字を当てていますが、お香では、香りが飛ぶので扇ぐためには、使いません。お茶の扇子より少し小ぶりです。自分の座る前に起きますが、扇子と自分の体の間は、いわゆる結界です。誰もそこのスペースを侵してはいけません。また、扇子には、和歌や、「源氏香」の答えが書いてあります。「源氏香」では、源氏物語の巻一つ一つが答えになっていますが、書き方を覚えるのは、大変です。日本の文化の中では、忘れることが何よりも恥とされています。それを「不亡儀」といい..

URL 2008/05/30(Friday) 22:54:05
お香のような香りが欲しい

お買い物ネタばかりなところへきて、最近お香のような香りが欲しくてたまりません。お香といえば、銀座香十。江戸時代からの歴史があるお店です。香十は銀座の銀座コアというビルの4階にありますが、コアビル地下に入ったときからお香の香りがするほどです。そんな香十のフレグランスはやはりお香の香り?かと思いきや、白檀、伽羅などの香りもあるのですが、フローラル系の香りなんかもあるのです。香十のお気に入りフレグランスの香りが楽しめる、パフューマイザー(すべての香りがあるわけではありません)。引き...

URL 2008/05/30(Friday) 22:54:05
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]