忍者ブログ

アロマオイルの効能

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お風呂でアロマテラピーは非常に気持ち良いものです。私は時々半身浴をする際に、お気に入りのアロマオイルを数滴浴槽に垂らします。
蒸気と共に香りが広がり、半身浴をしながら本を読んだり音楽を聴いたりしています。水分の補給も忘れずに、ハーブティーを飲んでいます。
まるでどこぞの奥様になったようで、しばし現実から離れ癒されます。
そしてお勧めなのが、半身浴で十分に毛穴が広がった状態でのアロマオイルを使ったマッサージです。
血液の循環を良くする効能を持つ「ローズ」のアロマオイルを使用すれば、汗もたくさん出て老廃物もどんどん排出されます。
お風呂でマッサージをすればそのままお湯で洗い流せます。顔やふくらはぎなど、疲れない程度の簡単なマッサージが良いかと思います。
お風呂で飲むハーブティーも、ローズヒップなどの効能を生かして血行を良くし体の中から温めれば、汗と共に嫌な気持ちも流れ出ていきそうですね。
ひとつご注意なのが、アロマオイルをお風呂で使用すると滑りやすくなりますので、転倒には十分お気をつけください。
そして十分に汗をかき老廃物を排出したら、お風呂から出た後の水分補給も忘れずに。お勧めはグレープフルーツのアロマオイルです。
グレープフルーツのアロマオイルを焚きながら、グレープフルーツジュースを飲めば最高の組み合わせですね。
グレープフルーツには脂肪の消化を促進させる効能があります。
ゆったりとしたお風呂上りの時間を過ごし、眠る前にはラベンダーなどのリラックスできるアロマオイルを使えば完璧ですね。
深い眠りについて翌朝はお肌も気分もピカピカです。

PR

この記事へトラックバック
Trackback URL
半身浴

595 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2007/03/24(土) 23:24:08 ID:sLe6Qcvx 浅く湯を張ったバスタブに嫁が右半身をお湯に浸けて暖めて 次に左半身を浸けて暖めるのを繰り返していた 「何してるの?」と聞くと、「半身浴よ」と返事が返ってきた 俺...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:25
半身浴ごっこ

73 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2008/05/07(水) 18:31:32 ID:C/4EjWMH0さっきうちの猫が洗面所に行ったっきり来ないなと思って 見に行ったら、浴槽の中で寝てた。(お湯は溜めてないし濡れてない) 暑いのか、私が半身浴してるのを見てて同じような格好で いつか入りたかったのかは知らないが。

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:25
ケンブロ「BATHTOLOGY」トラックバックコンテスト 記事no.3

ケンブロさんのモニターに見事当選 記事no.1はコチラ。記事no.2はコチラ これで最終か、できたらもう1記事と考えているのですが・・・。 なんかうまくまとまりません さて、今回はボディケア入浴液についてです さっそくお湯をためて、入浴剤の用意 蓋が測りになっており、ちゃんと注ぎ口がついています こういうちょっとしたとこにこだわってるのいいですよね~ どばっとでたり、こぼしたりする心配がない 今日は半身浴予定なので、メモリより少し少なめです。 この冬、ミルク系の入浴剤には..

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:25
半身浴してパスタ作って

お天気が悪いせいかどーんと疲れてしまったお友達から飲みのお誘いがありましたがちょっと無理だなあと思い断ってみたせっかく家にいるので久しぶりに半身浴をしてみましたなぜなら昨日もらった入浴料があるから海藻入りで香りもすごい海藻の香りが(;^ω^)汗が吹き出てきてすっきりお風呂から上がったら疲れが吹き飛んでたし最近ずっと冷えていた足があったまった半身浴ってすごーいというよりこの入浴料がいいのかその後はパスタを作ってみた一人で食べるときって手抜きだなあ買い物に行くのも面倒であるものだけで作ってみま...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:26
半身浴

最近半身浴始めて体調がとても良いです。偶然本屋で見たんですが、半身浴すると、内臓強化、ダイエットにとても良いそうです。うちの会社で半身浴だけで半年4キロ痩せた人がいます。私も始めた当初はなかなか慣れませんでした。10分たっても15分たっても汗は出ません。やっと20分近くなってジワッと汗がにじむ程度でした。それまでは中々体が温まりません。それもそのはず、お湯はへその辺りまでです。だから、温まるまで肩、頸も寒かったです。でも、気長にやり続けると汗をかき始める時間が短くなり、今では...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:26
半身浴で頭もスッキリ?

 えっと、足の方はほぼ治りそうな感じかなぁ?なぐらいなので、もう大丈夫だねってことでウォーキングを再開しないところが根っからのインドア派の私。  そんな私だから、ウォーキングのかわりに何したかって、「半身浴で体調をよくしよう」ってこと。  結果、半身浴したところで症状がすぐ変るものではないのだが、これでたぶん明日には治っているだろうとポジティブに考えて、よしとする。ただし、明日ウォーキングをす...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:26
ダイエットには半身浴があすすめです

半身浴で冷え解消冷えの解消には 半身浴が最適です。 gooダイエットで見つけました。ダイエットには半身浴がオススメですと。夏は シャワーで済ます方も多いと思われますが 入浴 は 身体を温めるだけでなく 疲れを解消 したり リラックスさせる効果 も大きいものです。 体内の冷えの解消 には 特に 半身浴 が効果的です。 38~39℃ くらいのお湯に 20~30分 ゆったりとつかるといいそうです。 肩までつかる入浴に比べて 心臓への負担も軽くなりますし 体へのストレスも少なくなる...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:26
91*半身浴、という生き方

ぬるま湯って、たびたび自堕落でメリハリのない暮らしの喩えにされるでしょ。でも実際、ぬるい風呂ならではの心地よさって堪らないんだよね~。 ただ一旦ぬるま湯に浸かると(出た時に周囲の空気が冷たいと風邪引くかもしれない)とか思っちゃって、腰が重くなって機を逸するって事もあるわなぁ。 そこで思いついたのが「半身浴、という生き方」ですよ。要は全身どっぷり浸からずにハーフ&ハーフ・・・って単なる折衷案だから、既に考えた方もいらっしゃるでしょうがね。 ぬるま湯は下半分だけでも、じわじわと...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:26
半身浴5分の方が温まる?

今日、知人と話をしていたら、「半身浴をしても汗をかかない」と言うのです。こういう人は、お湯の温度を少し上げてみましょう。私は、半身浴している時には、じわじわと腕から、顔から、汗が出ます。汗の玉がポツポツでき、そのうち流れていきます。あなた...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:27
脚の疲れは半身浴で解消!

立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けていると脚が疲れてむくんでしまいますよね。むくみの原因はリンパや血液の流れが滞って新陳代謝が悪くなり、脂肪や老廃物が溜まってしまうから。特に女性は皮下脂肪が多いのでむくみやすいそうですよ。この脚の疲れやむくみをとるには、血液の流れが滞らないようにして新陳代謝をアップさせることが大切なんですね。では、どうやって脚の血流を促進すればいいんでしょう?血流促進に最も効果的な方法は半身浴です。半身浴は40度以下のぬるま湯にみぞおちから下だけ

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:27
半身浴

今巷で流行の半身浴。私は右半身から派です。本来ぬるま湯でやるらしいですが、それにしては湯気を多く描きすぎました。しまった。さてそんなことはさておき、友人の結婚式で今月の出費やばいです。なのに今夜はキャンセルできない飲み会が・・・どうしよう今月ホントに。お昼ごはん全部抜くか・・・...

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:27
冬場の半身浴の工夫

kagemariが半身浴をやってみたが寒くて風邪引きそう~じゃと。 半身浴 冷え性に良いと聞き、最近「半身浴」をはじめたのですがイマイチです(><) やり方が間違っているのかな~?? お風呂の温度って、半身浴の時は38度~39度位がいいと聞いていたんですが、 半身浴で汗をかくどころか、寒くて風邪を引いてしまいそうです・・・ はっはっは。 ちょいと工夫がいるようじゃのぅ。 冬場の半身浴のコツじゃが、

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:28
アロマの半身浴のすすめ

シドニーはすっかり秋の気配 ビルの隙間風がピューピュー で、、、寒い日は、アロマのお風呂がお勧めなのです~

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:28
半身浴はいいですよ

久しぶりにバスソルトをたっぷり入れて半身浴したのですが、 汗、ダラダラ・・・・顔からふきだすわ、体からふきだすわで自分でもびっくり! 私の好きなコスメブランドのAVEDAのイベントで自分の好きな香りを入れて 手作りしたものなんですが、あまりにも気持ちよかったのでまたやってみようと思います

URL 2008/06/27(Friday) 02:23:28
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]